[Linux]GUI管理画面にアクセスできるユーザの設定方法(v8.1.1 以降)

LifeKeeper for Linux v8.1.1 から lkpasswd コマンドは廃止され、OS のユーザ管理に統合されました。
これにより、OS ユーザのパスワードを変更する事により、LifeKeeper GUI のユーザのパスワードも変更されるようになりました。

これに伴い、v8.1.1 からはデフォルトの LifeKeeper GUI のログインは 「root」(システムの「root」パスワードが使用されます) となりますが、
クラスタ内のシステムで異なる「root」パスワードを使用している場合、LK GUI のログインは失敗となるため、クラスタ内の各システムのパスワードを同一にする必要があります。

なお、LifeKeeper は setup スクリプト実行時、LifeKeeper GUI に関連して以下のグループを作成します。

lkadmin, lkoper, lkguest

このグループに属する一般ユーザが LifeKeeper GUI で各グループの権限に基づいた操作を行う事ができるようになります。
権限は以下の通りです。

========================
lkadmin
全ての管理操作権限を持つ権限です。

lkoper
リソースの切り替え操作などが可能な権限です。リソースの作成や削除を伴う操作はできません。

lkguest
情報の表示のみが可能な権限です。リソースの起動、停止などの操作はできません。
========================

例として、user1 を lkadmin として設定する場合の手順を以下に記載します。
なお、ユーザの設定は両ノードで行なってください。

※前提は以下の通りです。
1) user1 ユーザが作成されている。
2) user1 ユーザにパスワードが付与されている。

[権限の追加]

# gpasswd -a user1 lkadmin
Adding user user1 to group lkadmin

[アカウント情報]

# grep lk /etc/group
lkguest:x:500:
lkoper:x:501:
lkadmin:x:502:root,user1

[権限の削除]

# gpasswd -d user1 lkadmin
Removing user user1 from group lkadmin

【参考情報】
v8.0 までのユーザの追加方法に関しては、以下の FAQ をご参照ください。

[Linux]GUI管理画面にアクセスできるユーザの設定方法(v8.0 以前)
http://lk.sios.com/?p=1272

更新履歴

[公開日:2013年2月23日]

[更新日:2015年6月16日]
クラスタ内の各システムのパスワードを同一にする必要がある旨を記載しました。

return top