[Linux]仮想IPアドレスをソースアドレスとして通信することはできますか?

LifeKeeper for Linux v6 Update1から、Source Address Settingという仮想IPアドレスをソースアドレスとして通信するオプションが追加されました。

このオプションは仮想IPアドレスが所属するサブネットを使用し通信する場合に、ソースアドレスを仮想IPアドレスとします。

デフォルトゲートウェイが仮想IPアドレスと同じサブネットであった場合、仮想IPアドレスと同一のサブネット、デフォルトゲートウェイを経由する通信で、仮想IPアドレスがソースアドレスとなり通信が行われます。デフォルトゲートウェイが仮想IPアドレスと異なるサブネットであった場合、そのサブネットに属するIPアドレスとの通信パケットのソースアドレスに、仮想IPアドレスが使用されます。

例1———————————
# ip route show
192.168.3.160/28 dev eth1 proto kernel scope link src 192.168.3.170 metric 1
10.1.0.0/16 dev eth0 proto kernel scope link src 10.1.5.172 metric 1
172.16.0.0/16 dev eth2 proto kernel scope link src 172.16.1.170 metric 1
default via 10.1.0.1 dev eth0 proto static src 10.1.5.172
———————————

例1 の構成の様に、デフォルトゲートウェイと同じネットワークに属する IP リソースに対して Source Address SettingをYesに設定している場合、仮想IPアドレス(10.1.5.172)が属するサブネット10.1.0.0/16と、デフォルトゲートウェイの10.1.0.1に対してソースアドレスセッティングの設定が行われます。その為、この2つのルーティング経路を使用するパケットのソースアドレスが、仮想IPアドレス(10.1.5.172)に変換されます。

例2———————————
# ip route show
192.168.3.160/28 dev eth1 proto kernel scope link src 192.168.3.171 metric 1
10.1.0.0/16 dev eth0 proto kernel scope link src 10.1.5.170 metric 1
172.16.0.0/16 dev eth2 proto kernel scope link src 172.16.1.170 metric 1
default via 10.1.0.1 dev eth0 proto static
———————————

例2 の構成の様に、デフォルトゲートウェイと異なるネットワークに属する IP リソースに対して Source Address SettingをYesと設定している場合、仮想IPアドレス(192.168.3.171)が属するサブネット192.168.3.160/28に対してのみソースアドレスセッティングの設定が行われます。その為、192.168.3.160/28のルーティング経路(仮想IPアドレスと同じネットワーク)を使用するパケットのソースアドレスのみが、仮想IPアドレス(192.168.3.171)に変換されます。

ソースアドレスを仮想IPアドレスに設定する手法は、iproute2のipコマンドを使用して実現しています。

Source Address Settingの設定方法の詳細は、以下のURLのドキュメントサイトにございますIP Recovery Kit Administration Guideの”ソースアドレス設定の修正”の項目をご参照下さい。

http://jpdocs.us.sios.com/Linux/9.2.1/LK4L/IP/index.htm#recovery_kits/ip_recovery_kit_technical_documentation/configuration/viewing_editing_ip_configuration_properties.htm



作成日 2011年3月11日
更新日 2014年12月26日
更新日 2016年10月17日 リンク先ドキュメントをv9.1.0へ変更
更新日 2017年7月5日 リンク先ドキュメントをv9.1.2へ変更
更新日 2017年10月23日 リンク先ドキュメントをv9.2.0へ変更
更新日 2017年12月18日 リンク先ドキュメントをv9.2.1へ変更

return top