[Linux] GenericARK開発ガイドとサンプルスクリプト

LifeKeeper for Linux向けに、GenericARK開発ガイドと、そのサンプルスクリプトを作成しました。
 

1.GenericARK開発ガイドとは?

ユーザの皆様に、LifeKeeperをより便利に使っていただくために、本サイトでは様々な情報を発信して参りました。今回ご提供いたします「GenericARK開発ガイド」では、restore、remove、quickCheck、recoverの各スクリプトにおいて、注意するべき点は何か、また実際のスクリプトはどのような内容になるのか、といったより具体的、実践的な内容を、サンプルコード付きでご説明しています。

大変充実した内容になっておりますので、皆様が Generic ARK を作成される際は、参考として是非ご一読ください。
 

2.サンプルスクリプトとは?

上記の「GenericARK開発ガイド」には、GenericARK用スクリプトを作成するにあたって、多くの場合に必要となる仕組みについてご案内しています。開発ガイドの内容の沿って実際に動作するスクリプトを組むことで、LifeKeeper上で安定して動作するスクリプトを作成することが出来ます。

しかし、開発ガイドで紹介している内容は多岐に渡っており、文書の内容をスクリプトに実装するには、それなりの手間がかかります。
そこで、サイオステクノロジーでは、この文書の内容を元に、スクリプトの土台として使用できるサンプルを作成いたしました。

このサンプルスクリプトには、restore、remove、quickCheck、recoverの4つのスクリプトが含まれています。基本的には、各ファイルの先頭付近にあるパラメータに対して、実行したいコマンドと、正常/異常を判定するための戻り値を指定するだけで動作いたします。(※詳しい使用方法は、アーカイブに同梱されておりますREADME.txtをお読みください。
 

3.ご利用環境について

LifeKeeper for Linux v7系で正常に動作することを確認しているのは、”LK4L_Gen_sample_scripts_v1.0″です。
LifeKeeper for Linux v8以降で正常に動作することを確認しているのは、”LK4L_Gen_sample_scripts_v2.0″です。
 

4.ご利用条件について

  1. 「GenericARK 開発ガイド」および「サンプルスクリプト」は、どなたでもご利用いただくことができます。
  2. 「サンプルスクリプト」の内容は、要件に応じて改変いただいて構いません。

5.権利について

GenericARK開発ガイドおよびそのサンプルスクリプトの著作権は、サイオステクノロジーに帰属します。
 

ダウンロード

v7系向け

サンプルスクリプト

GenericARK開発ガイド

v8以降向け

サンプルスクリプト

GenericARK開発ガイド

 


【編集履歴】

[更新日:2013年11月6日] v8用サンプルスクリプト、GenericARK開発ガイドを追加しました

[更新日:2016年9月7日] ・「v8」の記述について、「v8以降」に対応する旨、記載内容を修正しました
・「v8以降向けGenericARK開発ガイド」のPDFファイルを更新しました

[更新日:2017年6月5日] ・「v8以降向けGenericARK開発ガイド」に LifeKeeper v9.1.0 の Generic ARK タイムアウトに関する記述を追加しました

return top