LifeKeeper / DataKeeper for Windows v7 Update6(v7.6) リリースのご案内

2013年7月2日(火) より、LifeKeeper 及び DataKeeper for Windows v7 Update6(v7.6)の販売を開始いたしました。

以下が詳細となります。

■以下のプラットフォームを新たにサポートしました。
[DataKeeper]
・DataKeeper for Windowsのみ Windows Server 2012

■機能追加・変更
[DataKeeper]
・IPv6のプロトコルに対応しました。

[DataKeeper]
・ミラーリングボリュームのSnapshot機能が追加されました。これにより、ミラーリングを継続した状態でターゲットノード上に任意の静止点を設ける事で、ターゲットノード上のアプリケーションからミラーボリュームを利用できます。

・ミラーリングに関するI/O帯域およびCPUに対する負荷について性能の改善を行いました。

・Microsoft iSCSI Software Target 機能に対応しました。これにより、DataKeeperで作成したミラーボリュームをMicrosoft iSCSI Software TargetとしてWSFCから保護できるようになりました。

■ 修正
[LifeKeeper 及び DataKeeper]
・特定のソフトウェアでNICをチーミングしている場合、lmhostid で正しいhostidが取得できない問題を修正しました。

[DataKeeper]
・レジストリに正しい値が設定されていない場合、スイッチオーバー実行時にBSOD(ブルースクリーン)状態になってしまう問題を修正しました。

・ミラーボリュームの圧縮率の設定がボリュームのロック及びI/O処理のハングアップを引き起こす可能性がある不具合を修正しました。

・ミラーボリュームに対してWindowsのバックアップ機能を使っている場合、正常にファイルを復元出来なかった不具合を修正しました。

・WSFC上の2x1構成のクラスターにてDataKeeperのボリュームを利用した際にデータ不整合が発生してしまう可能性があった問題を修正しました。

return top