[Linux][Windows]コマンドでのスイッチオーバの方法は?

Linux版の場合
コマンドラインからのオペレーションでは、スイッチオーバの対象となるリソースのタグ名を指定します。そのため、まずはLCD(LifeKeeperのDB)より、切り替えたいリソースの<タグ名>を確認します。

# lcdstatus -e

※TAG列に<タグ名>が出ます。

次にそのリソースを起動させるサーバ上で、以下のコマンドを実行してください。

# perform_action -t <タグ名> -a restore

また、リモートノード上でリソースの起動を行うには以下のように実行してください。

# lcdremexec -d <待機系ノード名> — perform_action -t <タグ名> -a restore

注)上記コマンドの 待機系ノード名 の後ろは “-(ハイフン)” が2つです。

これらのコマンドは、GUI管理画面から指定したリソースの操作を行うのと同等の動作を行います。リソースツリーのRoot(親)の部分を切り替えることで、ツリー全体を切り替えることができますが、リソースツリーに含まれていないサービスは別途切り替えなければなりません。(GUI操作と同じです)

Windows版の場合
LCD(LifeKeeperのDB)より、切り替えたいリソースの<タグ名>を確認します。

C:\lk\bin\ins_list

次にそのリソースを起動させるサーバ上で、以下のコマンドを実行してください。

C:\lk\bin\perform_action -t <タグ名> -a restore

また、リモートノード上でリソースの起動を行うには以下のように実行してください。

C:\lk\bin\lcdremexec -d <待機系ノード名> — perform_action -t <タグ名> -a restore

注)上記コマンドの 待機系ノード名 の後ろは “-(ハイフン)” が2つです。

return top