[Linux]LifeKeeperの常駐プロセスが意図せずに止まった場合の挙動について

LifeKeeperの常駐プロセスが意図せずに止まった場合、何れのバージョンでも
常駐するプロセスは自動的に再起動します。尚、v7.5以前とv8.0以降でLifeKeeper
の常駐プロセスを制御する方法は異なります。

v7.5以前のバージョン
LifeKeeperの正常動作に必要な各プロセスは、/etc/inittabよりrespawnアク
ションで起動されています。各プロセスはinitの監視下に置かれるため、プロ
セスが消失した際はinitにより自動的に再起動が行われます。

v8.0以降のバージョン
LifeKeeper for Linux v8.0以降のバージョンから、起動時のイニシャライズ
において、inittabによる制御からrunitによる制御になりました。v8.0以降の
LifeKeeperの常駐プロセスが意図せずに止まった場合、何れのバージョンでも常駐
バージョンでプロセスが止まった際は、runitにより自動的に再起動が行
われます。

[参考情報]
LifeKeeperは、LifeKeeperの常駐プロセスが意図せずに止まったことや、
init、runitによって自動起動したことを示すログ出力を行いません。
LifeKeeperの常駐プロセスの稼働状態を確認する際は、psコマンドを利用して
確認してください。

以下に、v8.2の環境でlk_logmgrのプロセスをkillした後の確認状況を例として
記載します。

#ps -auxf
——————————
USER PID %CPU %MEM VSZ RSS TTY STAT START TIME COMMAND

(中略)

root 3874 0.0 0.0 3932 404 ? Ss Jan19 0:00 \_
/opt/LifeKeeper/sbin/runsv lcm
root 3875 0.0 0.0 3932 408 ? Ss Jan19 0:00 \_
/opt/LifeKeeper/sbin/runsv steeleye-lighttpd
root 3876 0.0 0.0 3932 408 ? Ss Jan19 0:00 \_
/opt/LifeKeeper/sbin/runsv lkvmhad
root 3878 0.0 0.0 3932 404 ? Ss Jan19 0:00 \_
/opt/LifeKeeper/sbin/runsv lkcheck
root 3879 0.0 0.0 3932 408 ? Ss Jan19 0:00 \_
/opt/LifeKeeper/sbin/runsv lkscsid
root 3880 0.0 0.0 3932 404 ? Ss Jan19 0:00 \_
/opt/LifeKeeper/sbin/runsv ttymonlcm
root 3881 0.0 0.0 3932 404 ? Ss Jan19 0:00 \_
/opt/LifeKeeper/sbin/runsv lcd
root 3991 0.0 0.0 3932 408 ? Ss Jan19 0:00 \_
/opt/LifeKeeper/sbin/runsv lkguiserver
root 5629 0.0 0.0 3932 408 ? Ss 00:56 0:00 \_
/opt/LifeKeeper/sbin/runsv lk_logmgr

(中略)
——————————

常駐プロセスの監視方法に関しては、以下の情報もご参照ください。

[Linux]LifeKeeperのプロセス監視を行いたいのですが、監視対象となるプロセスを教えてください。
http://lk.sios.com/?p=656
 

return top