LifeKeeper for Windows/DataKeeper for Windows v8.0.1 リリースのご案内

LifeKeeper for WindowsとDataKeeper for Windowsの新バージョンがリリースされました。最新バージョンはいずれの製品もv8.0.1となります。

LifeKeeper/DataKeeper for Windows v8.0.1のアップデートの概要は以下の通りです。
[LifeKeeper]
■LifeKeeper for Windows v8.0.1における特別な機能追加や新しいOSのサポートはありません。なお、本バージョンからはWindows 2008R2以降の64bitのOSのみのサポートとなります。Windows 2008R2よりも古いOSや、32bitのオペレーティングシステムをお使いの場合は、LifeKeeper for Windows v7.7をご利用ください。

後述のサポートマトリクスも併せてご確認ください。

[DataKeeper]
■以下のプラットフォームを新たにサポートしました。
・Windows 2012 R2 (DataKeeperのみ)

※LifeKeeperと同じく、DataKeeper v8.0.1からWindows 2008R2以降の64bitのオペレーティングシステムのみのサポートとなります。Windows 2008R2よりも古いオペレーティングシステムや、32bitのオペレーティングシステムをお使いの場合は、DataKeeper v7.7をご利用ください。

後述のサポートマトリクスも併せてご確認ください。

■追加機能
・MicroSoft社のFailover ClusterとDataKeeperを組み合わせた構成において、クラスターノード外にDataKeeperのレプリケーションターゲットを持つことが可能となりました。

 

LifeKeeper/DataKeeper

Windows Server

製品

バージョン

2003R2 or earlier

2008

2008R2

2012

2012R2

32bit

64bit

32bit

64bit

64bit

64bit

64bit

LK/SPS

8.0.1

×

×

×

×

×

DK

8.0.1

×

×

×

×

LK/SPS

7.7 or earlier

×

DK

7.7 or earlier

×

return top