LifeKeeper for Windows/DataKeeper for Windows v8.1 リリースのご案内

LifeKeeper for WindowsとDataKeeper for Windowsの新バージョンがリリースされました。最新バージョンはいずれの製品もv8.1となります。

LifeKeeper/DataKeeper for Windows v8.1のアップデートの概要は以下の通りです。

[DataKeeper]
■DataKeeper v8.1にて、Microsoft Azureクラウドサービスに対応しました。Windows Server Failover Clusterと組み合わせる事で、Azure内でのHAクラスタはもとより、On Premise to AzureのHAクラスタ構成も可能となります(要VPN)。
後述のサポートマトリクスも併せてご確認ください。

[LifeKeeper]
■LifeKeeper for Windows v8.1にて、Windows Server 2012 R2をサポートいたします。これにより、LifeKeeper for Windows v8.1とDataKeeper v8.1 Standard Edition の組み合わせで、Windows Server 2012 R2環境上でデータレプリケーションタイプのHAクラスタを構成することが可能となりました。

LifeKeeper/DataKeeper v8.1におけるサポート対象のパブリッククラウド環境は下記の通りです。

LifeKeeper/DataKeeper

Windows Server

製品

バージョン

2003R2 or earlier

2008

2008R2

2012

2012R2

32bit

64bit

32bit

64bit

64bit

64bit

64bit

LK/SPS

8.1

×

×

×

×

DK

8.1

×

×

×

×

LK/SPS

8.0.1

×

×

×

×

×

DK

8.0.1

×

×

×

×

LK/SPS

7.7 or earlier

×

DK

7.7 or earlier

×

LifeKeeper/DataKeeper v8.1における認定済みのパブリッククラウド環境は下記の通りです。

  • Microsoft Azure (DataKeeperのみ)
  • Amazon EC2 (DataKeeperのみ)

return top