LifeKeeper for Linux v8.3.2 / Single Server Protection v8.3.2リリースのご案内

LifeKeeper for Linux v8.3.2とLifeKeeper Single Server Protection for Linux v8.3.2がリリースされました。製品受注・出荷開始日は2014年12月1日です。
本バージョンは製品の不具合修正をメインとしたメンテナンスバージョンとなります。
各製品の詳細情報は下記の通りです。

 

1.  LifeKeeper for Linux v8.3.2のアップデート

      • 本リリースにおいては、LifeKeeper for Linuxの機能的な変更はありません

 

2.  LifeKeeper Single Server Protection for Linux v8.3.2のアップデート

      • LKSSP v8.3.0/v8.3.1において、SMCのインストールに失敗する不具合の修正。
      • LKSSPのシステムリブート時にログファイルが消失する不具合を修正。

 

■本バージョンリリース後に追加でサポートされたものについて

[2015年1月に追加サポート]
・Red Hat Enterprise Linux Version 5 Update 11
・Red Hat Enterprise Linux Version 6 Update 6

 

<改定履歴>
掲載日 : 2014年12月1日
改定日 : 2015年6月3日
記事件名を下記から変更しました。
変更前「LifeKeeper for Linux v8.3.2 / Single Server Protection v8.3.2リリースのお知らせ」

return top