[Linux]PostgreSQL ARKにおけるpostgresql.confの”listen_addresses”の設定による起動オプションの違いについて

PostgreSQL Recovery Kitでは PostgreSQL の起動に際し、postgresql.confファイル中のlisten_addressesパラメータを確認し、
pg_ctlコマンドから直接postmasterに渡される-iオプションの有無を確定します。

-iオプション付与の有無に関する条件はそれぞれ以下の通りです。

■ -iオプションを付与するlisten_addressesパラメータの設定条件

・listen_addressesパラメータにホスト名のみを記載する

例 : listen_addresses = ‘localhost’
例 : listen_addresses = ‘localhost, database’

・listen_addressesパラメータの筆頭にホスト名を記載する

例 : listen_addresses = ‘localhost, 10.0.0.1’

■ -iオプションを付与しないlisten_addressesパラメータの設定条件

・listen_addressesパラメータにIPアドレスのみを記載する

例 : listen_addresses = ‘10.0.0.1’
例 : listen_addresses = ‘10.0.0.1, 172.16.0.1’

・listen_addressesパラメータの筆頭にIPアドレスを記載する

例 : listen_addresses = ‘10.0.0.1, localhost’

関連記事

[Linux] PostgreSQL Recovery Kit の処理概要
http://lk.sios.com/?p=5483


改定履歴

[公開日:2014年12月05日]
[更新日:2016年09月07日] 関連記事のリンクを修正しました

return top