[Linux]Confirm Failoverの設定が正しく機能しない

 

 

  • 事象概要
    • LifeKeeper for Linux v8.3.0 以降のバージョンにおいて、ノード障害に系切り替えを行うか否かを制御するConfirm Failoverが正しく機能しません。
  • 事象詳細
    • 通常、Confirm Failoverに有効にしている場合、ノード障害が発生すると、フェイルオーバを開始前に管理者の介入を待つ処理に移ります。しかしながら不具合の対象バージョンを使用している場合はノード障害が発生しても管理者の介入を待つ処理に移りません。
  • 対象となる製品バージョン
    • LifeKeeper for Linux v8.3.0以降のバージョン
  • 対処方法
    • 個別パッチを適用することで不具合を回避できます。対策パッチの配布に際しては、製品サポートを行なわせて頂く上で、弊社が提供先を把握している必要がございます。パッチをご希望の際は、申請時に 以下の情報をご提供ください。
      • PSC No.
      • 氏名
      • 会社名
      • メールアドレス
      • ご連絡先電話番号
      • 導入先エンドユーザ名

     

  • 修正バージョン
    • LifeKeeper for Linux v8.4.0にて修正済みです

 


  • 作成日:2014年12月12日
    更新日:2014年12月25日
    更新日:2015年5月18日

return top