LifeKeeper for Linux v8.4 / Single Server Protection v8.4リリースのご案内

LifeKeeper for Linux v8.4とLifeKeeper Single Server Protection for Linux v8.4がリリースされました。製品受注・出荷開始日は2015年3月2日です。

各製品のアップデートの概要は以下の通りです。

 

  • プラットフォームサポート
    •  Red Hat Enterprise Linux 7, Oracle Linux 7, CentOS 7をサポートしました。
      • 対象となるRecovery Kit:
        • PostgreSQL, MySQL, Oracle, DB2, Apache, Postfix, DMMP, LVM, NFS, NAS, Samba, MD, EC2, Route53, Openswan
      • 対象外のRecovery Kit:
        •  SAP, SAP MaxDB, MQ, PowerPath, HDLM, NECSPS
    • MySQL Recovery Kitが、MariaDB 5.5をサポートしました。
    • HULFT Recovery Kitが、HULFT8をサポートしました。

 

  • メンテナンスおよびBug修正
    • [LifeKeeper Core]
      • v8.3.xにおける、Confirm Failoverの設定が正しく機能しない問題を修正しました。
      • v8.2.x/v8.3.xにおける、DataKeeperのリワインド機能が正しく動作しない問題を修正しました。
      • SSL3.0の脆弱性「POODLE」に対応しました。
      • [Multipath (DMMP/HDLM/PPATH/NECSPS)]
      • マルチパスリソース(DMMP/HDLM/PPATH/NECSPS)のステータスがOSFの場合に、スタンバイノード側でlkstopコマンドを実行するとアクティブノードでシステムが停止することがある問題を修正しました。
    • [FileSystem]
      • 負荷が高いファイルシステムリソースのスイッチオーバーに失敗する問題を改善しました。
    • [MySQL]
      • mysqladminが異常終了した場合に、フェイルオーバーに失敗する問題を修正しました。

 

LifeKeeper Single Server Protection for Linux v8.4のアップデートの概要は以下の通りです。

 

  • プラットフォームサポート
    • Red Hat Enterprise Linux 7, Oracle Linux 7, CentOS 7をサポートしました。
      • 対象となるRecovery Kit:
        • PostgreSQL, MySQL, Oracle, DB2, Apache, Postfix, NFS, NAS, Samba
      • 対象外のRecovery Kit:
        • SAP, SAP MaxDB, MQ
        • MySQL Recovery Kitが、MariaDB 5.5をサポートしました。

 

  • メンテナンスおよびBug修正
    • [LifeKeeper Core]
      • SSL3.0の脆弱性「POODLE」に対応しました。
      • LifeKeeper起動時に実行される初期化処理の完了前に、他の処理が実行される問題を改善しました。
    • [MySQL]
      • mysqladminが異常終了した場合に、フェイルオーバーに失敗する問題を修正しました。

<改定履歴>
掲載日 : 2015年5月2日
改定日 : 2015年6月3日
記事件名を下記から変更しました。
変更前「LifeKeeper for Linux v8.4 / Single Server Protection v8.4リリースのお知らせ」

return top