[Linux]7系のディストリビューションへインストールする時の留意点

Red Hat Enterprise Linux 7 / Oracle Linux 7 / CentOS 7ではXFSが標準のファイルシステムになっております。
これらのOSバージョンをLifeKeeper for Linux v8.4で使用する場合、LifeKeeperをインストールするパーティションについては、
ext3やext4といった従来標準とされてきたファイルシステムでフォーマットされている必要があります。

LifeKeeper for Linux v8.4をRed Hat Enterprise Linux 7 / Oracle Linux 7 / CentOS 7のいずれかの環境で利用し、
かつ、XFSのファイルシステムを利用する場合は、LifeKeeperのインストール先となる/optを別パーティションとして確保し、
/optをext3やext4などXFS以外のファイルシステムでご利用ください。

 

  • 対象バージョン
    • LifeKeeper for Linux v8.4.0

 

  • 今後の対応について
    • 2015/6/1にリリースされたLifeKeeper for Linux v8.4.1より、XFSのファイルシステムにも対応しております。

更新履歴

[公開日:2015年3月10日]

[改定日:2015年6月4日]
対象バージョンと今後の対応に関する文面を追記しました。

return top