LifeKeeper for Linux v8.4.1 / Single Server Protection v8.4.1リリースのご案内

LifeKeeper for Linux v8.4.1とLifeKeeper Single Server Protection for Linux v8.4.1がリリースされました。製品受注・出荷開始日は2015年6月1日です。

LifeKeeper for Linux v8.4.1のアップデートの概要は以下の通りです。

 

  • 新たにサポートされたプラットフォーム・ソフトウェア
    • Red Hat Enterprise Linux Version 7.1
    • Community ENTerprise Operating System (CentOS) Version 7.1
    • Oracle Linux Version 7.1
  • PostgreSQL Recovery Kit
    • PostgreSQL 9.4をサポート対象に加えました。
    • EnterpriseDB Postgres Plus Advanced Server 9.4をサポート対象に加えました。
  • メインテナンスおよびBug修正
    • [LifeKeeper Core]
      • RHEL7系でも、LifeKeeper をインストールするパーティションにxfsを利用できるようになりました。
      • 脆弱性対応のため、OpenSSLのバージョンを0.9.8zfにアップデートしました。
    • [LifeKeeper GUI]
    • OSのロケール設定により、DataKeeperリソースのステータスがUnknownになる問題を修正しました。
    • [LifeKeeper Core]
    • GUIでリソースのプロパティ画面を開くと、GUIがハングアップする場合がある問題を修正しました。
      • [DataKeeper]
        • Multi TargetのDataReplication構成でのスイッチオーバー時に、全同期か差分同期かの判定処理を最適化しました。
        • DataKeeperの圧縮処理を行うbalanceが、高負荷な状況でハングアップする場合がある問題を修正しました。
    • [IP]
      • IPリソースのSource address settingsが正しく動作しない問題を修正しました。

 

LifeKeeper Single Server Protection for Linux v8.4.1のアップデートの概要は以下の通りです。

 

  • 新たにサポートされたプラットフォーム・ソフトウェア
    • Red Hat Enterprise Linux Version 7.1
    • Community ENTerprise Operating System (CentOS) Version 7.1
    • Oracle Linux Version 7.1
  • PostgreSQL Recovery Kit
    • PostgreSQL 9.4をサポート対象に加えました。
    • EnterpriseDB Postgres Plus Advanced Server 9.4をサポート対象に加えました。
  • SAP MaxDB Recovery Kit
    • MaxDB 7.9をサポート対象に加えました。
  • メインテナンスおよびBug修正
    • [LifeKeeper Core]
    • RHEL7系でも、LifeKeeper をインストールするパーティションにxfsを利用できるようになりました。
    • 脆弱性対応のため、OpenSSLのバージョンを0.9.8zfにアップデートしました。
      • [LifeKeeper GUI]
      • OSのロケール設定により、DataKeeperリソースのステータスがUnknownになる問題を修正しました。
      • GUIでリソースのプロパティ画面を開くと、GUIがハングアップする場合がある問題を修正しました。
        • [IP]
        • IPリソースのSource address settingsが正しく動作しない問題を修正しました。

 

詳細に関しましては、当サイトで公開される「Technical Update Information」をご参照下さい。

return top