[Linux]Amazon EC2環境上での制限事項

AWS上のRHEL7.x系OSでHAクラスター構成を組んでいる場合、シャットダウンストラテジーが”Do not SwitchoverResources”でも
shutdownコマンドやrebootコマンドを利用した正常なOSシャットダウン時にフェイルオーバーが発生します。

フェイルオーバーが発生する上記の問題を回避させる場合、以下に掲載する手順でアクティブノードのシャットダウン(再起動)を行ってください。

1. アクティブノードをシャットダウン(再起動)する前に、全てのスタンバイノードで以下のコマンドを使用し、フェイルオーバーを抑止するフラグを作成する。

# /opt/LifeKeeper/bin/flg_create -f \!nofailover\![アクティブノードのホスト名]

※上記のホスト名は、“/opt/LifeKeeper/bin/lcduname”で出力するホスト名を指定してください。

2. アクティブノードをシャットダウン(再起動)する。

 

  • 対象バージョン
    • LifeKeeper for Linux v8.4.0以降
  • 関連記事

    7系のLinux OS環境でLifeKeeper for Linuxのシャットダウンストラテジーを”Do not SwitchoverResources”でご利用する際の注意事項
    http://lk.sios.com/?p=3777


更新履歴

[公開日:2015年6月12日]
[改訂日:2015年9月14日]

return top