[Linux]共有ディスクの付け替え方法について

LifeKeeperは共有ディスクのID(以下、デバイスID)を保持しているため、保護対象の共有ディスクを変更する場合、LifeKeeperが保持しているデバイスIDを変更する必要があります。

■ LifeKeeperが参照するデバイスIDの変更方法

以下の手順をすべてのノードで実施します。

(1)LifeKeeperを停止します。

# /opt/LifeKeeper/bin/lkstop

(2)LifeKeeperの構成情報をバックアップします。

 /opt/LifeKeeper/bin/lkbackup -c

(3)LifeKeeperが保護するデバイスIDの変更を行います。

# /opt/LifeKeeper/bin/lk_chg_value -o <旧デバイス ID> -n <新デバイス ID> -T -v -F

(4)LifeKeeperを起動します。

# /opt/LifeKeeper/bin/lkstart

デバイスIDはlcdstatusコマンドおよび、/dev/disk/by-idディレクトリ下のリンクファイルから確認いただけます。以下に例を示します。

■ LifeKeeper保護下のデバイスIDを確認する

コマンド :

# /opt/LifeKeeper/bin/lcdstatus

出力例 (抜粋) :

device6866: id=3600000e00d0000000003312300060000-1 app=scsi type=device state=ISP
        initialize=(AUTORES_ISP) automatic restore to IN-SERVICE by LifeKeeper
        reason=restore action has succeeded
        depends on resources: disk6807
        these resources are dependent: /filesystem
        Local priority = 1
        SHARED equivalency with "device12581" on "lk078.labs.sios.com", priority = 10
                FAILOVER ALLOWED
disk6807: id=3600000e00d0000000003312300060000 app=scsi type=disk state=ISP
        initialize=(AUTORES_ISP) automatic restore to IN-SERVICE by LifeKeeper
        reason=restore action has succeeded
        these resources are dependent: device6866
        Local priority = 1
        SHARED equivalency with "disk12630" on "lk078.labs.sios.com", priority = 10
                FAILOVER ALLOWED

■ デバイス名とデバイスID確認する

コマンド :

# ls -l /dev/disk/by-id/

出力例 (抜粋) :

lrwxrwxrwx 1 root root  9 12月  6 19:47 scsi-3600000e00d0000000003312300060000 -> ../../sdd
lrwxrwxrwx 1 root root 10 12月  6 19:47 scsi-3600000e00d0000000003312300060000-part1 -> ../../sdd1
lrwxrwxrwx 1 root root  9 12月  6 19:46 scsi-3600000e00d00000000033123000e0000 -> ../../sde
lrwxrwxrwx 1 root root 10 12月  6 19:49 scsi-3600000e00d00000000033123000e0000-part1 -> ../../sde1

上記の例から、保護されているデバイスは以下の通りであることがわかります。

 保護されているデバイスID : 3600000e00d0000000003312300060000
 保護されているデバイス名 : /dev/sdd

なお、lcdstatus 出力例におけるデバイス ID 以降の枝番はパーティション番号を示しています。

上記の例をもとに、保護対象のデバイスを /dev/sdd から /dev/sde へ変更する場合の lk_chg_value コマンドの具体的な例は以下の通りです。

コマンド :

 # /opt/LifeKeeper/bin/lk_chg_value \
 > -o 3600000e00d0000000003312300060000 \
 > -n 3600000e00d00000000033123000e0000 -T -v -f

return top