[Linux]レプリケーション構成のWAN環境における考慮ポイント

WAN越しのレプリケーションの構成において不定期にレプリケーション領域に対するディスクI/Oが停止する事象がありました。調査したところ、レプリケーション領域に対するディスクI/Oが停止する原因はPath MTU Discoveryをサーバー側が適切に処理できていないことにありました。Path MTU Discoveryが適切に動作しない場合に、LifeKeeper側での回避策はありませんので、サーバー側(設定をルーター側のMTUと一致させる)や、ルーター側の設定(MSSサイズの自動調整機能を使用する) で解決するようにしてください。

return top