LifeKeeper for Linux コマンド一覧

LifeKeeper for Linux コマンド一覧
LifeKeeperドキュメントリンク
※各コマンドは、「/opt/LifeKeeper/bin/」に配置しています。
LifeKeeper本体系 コマンド 参考
LifeKeeperの停止 lkstop
LifeKeeperの監視処理の一時停止 lkstop -f [参考情報]
-fオプションを付けるとリソースの停止はスキップしてLifeKeeper本体だけを停止する。
LifeKeeperの起動 lkstart
LifeKeeperの起動確認 lktest [確認ポイント]
3つのプロセス(lcm,lcd,ttymonlcm)が表示されていれば、LifeKeeperが起動している状態と判断できます。
LifeKeeperのバージョン確認 rpm -qi steeleye-lk [確認ポイント]
コマンド出力結果のVersion項目を確認してください。
ライセンスの適用 lkkeyins filepath [指定内容]
filepath:ライセンスファイルのフルパスまたは相対パス
 
[参考情報]
適用されたライセンスは、/var/LifeKeeper/license配下に格納されます。使用するLifeKeeperCoreおよびARKの各ライセンスファイルを指定してコマンドを実行してください。
ライセンスの確認 typ_list -l [確認ポイント]
UNLICENSED=LifeKeeper Coreのライセンスが適用されている状態です。
EVAL=テンポラリライセンスが適用されている状態です。
PERMANENT=オプションRecovery Kitのライセンスが適用されている状態です。
NEEDED=オプションRecovery Kit のライセンスが適用されていない状態です。※DataKeeperを利用している場合、オプションRecovery Kitのライセンスが適用されているにも関わらずdisrec(Protection Suite for Linux Multi-Site)項目がNEEDEDと表示されます。disrecはマルチサイトクラスタリング構成の場合に必要なDataKeeperの追加オプションです。そのため追加オプションを購入していない場合は、NEEDEDの表示であっても問題ありません。
スイッチバックタイプの確認 ins_list [確認ポイント]
各エントリの末尾にスイッチバックタイプを記載しています。
INTELLIGENT=無効(デフォルト)
AUTOMATIC=有効
設定されているフラグの一覧 flg_list
フラグの作成 flg_create [-d destname] -f flag [指定内容]
flag:フラグファイル名
destname:サーバー名
 
[参考情報]
フラグ名にdebugと指定した場合、LifeKeeperログ出力のデバックモードを有効します。デバックモードの場合、多くのログが出力されますので、通常運用時はデバックモードを無効にしていただくことをお奨めします。
フラグの削除 flg_remove [-d destname] -f flag [指定内容]
flag:フラグファイル名
destname:サーバー名
ログの参照 lk_log [-t number] [-f] log [指定内容]
number:行数(整数値)
 
[参考情報]
-tオプションを付加することで過去ログの行数(n行指定分)を指定できます。
-fオプションを付加することでリアルタイムにログを出力することが可能です。
※LifeKeeperのログは、/var/log/lifekeeperファイルからも参照可能です。
ノード指定のコマンド実行 lcdremexec -d destname -- "command" [指定内容]
destname:サーバー名
command:実行コマンド
コミュニケーションパスの状態確認 ins_list [-f x] [指定内容]
x:任意の1文字(区切り文字)
 
[コミュニケーションパスステータス]
ALIVE=該当経路でノード間の通信が行われている状態
DEAD=該当経路でノード間の通信が行えない状態
GUI系 コマンド 参考
GUIクライアントの起動 lkGUIapp
GUIサーバの起動 lkGUIserver start
GUIサーバの停止 lkGUIserver stop
GUIサーバの再起動 lkGUIserver restart
リソース系 コマンド 参考
リソースの状態確認 ins_list [-f x] [指定内容]
x:任意の1文字(区切り文字)
 
[リソースステータス]
ISP=リソースが起動している状態(GUIでActiveの状態)
OSU=リソースが停止している状態(GUIでStandbyの状態)
OSF=リソースが起動または停止が失敗している状態(GUIでFailedの状態)
リソース状態の一覧 lcdstatus [-d destname] [指定内容]
destname:サーバー名
リソース状態の簡易一覧 lcdstatus -e [-d destname] [指定内容]
destname:サーバー名-eオプションを指定することで簡易的にリソースおよびコミュニケーションパスのステータスを参照可能です。
 
[リソースステータス]
ISP=リソースが起動している状態(GUIでActiveの状態)
OSU=リソースが停止している状態(GUIでStandbyの状態)
OSF=リソースが起動または停止が失敗している状態(GUIでFailedの状態)

[コミュニケーションパスステータス]
ALIVE=該当経路でノード間の通信が行われている状態
DEAD=該当経路でノード間の通信が行えない状態

リソースの起動 perform_action -t tagname -a restore [-b] [指定内容]
tagname :リソース名-bオプションを付加することで指定したリソースまで下位リソースから順番にリソースの起動を行います。オプションを付加しない場合は、最上位リソースまで起動を行います。
リソースの停止 perform_action -t tagname -a remove [指定内容]
tagname :リソース名指定したリソースまで上位リソースから順番にリソースの停止を行います。
スイッチオーバー/スイッチバック perform_action -t tagname -a restore [-b] [指定内容]
tagname :リソース名リソース起動時とコマンド同じ。リソースを起動したいサーバーにて本コマンドを実行することでスイッチオーバー/スイッチバックが可能です。
レプリケーション系 コマンド 参考
レプリケーション状態の確認 mirror_status tagname [指定内容]
tagname :リソース名
レプリケーションの一時停止 mirror_action tagname pause [source] [target] [指定内容]
tagname :リソース名
source:ミラー元サーバ
target:ミラー先サーバ
レプリケーションの再開 mirror_action tagname resume [source] [target] [指定内容]
tagname :リソース名
source:ミラー元サーバ
target:ミラー先サーバ
レプリケーションの全同期 mirror_action tagname fullresync [source] [target] [指定内容]
tagname :リソース名
source:ミラー元サーバ
target:ミラー先サーバ
レプリケーションの強制開始 mirror_action tagname force [source] [target] [指定内容]
tagname :リソース名
source:ミラー元サーバ
target:ミラー先サーバ
ポリシー管理(v7.5以降) コマンド 参考
ポリシーの確認 lkpolicy -g -v -gオプションのみ付加して実行した場合は,デフォルトの設定から変更された箇所のみ出力します。
特定のリソースのフェイルオーバを無効化 lkpolicy -s Failover -E tag="tagname" [指定内容]
tagname :リソース名
特定のリソースのフェイルオーバを有効化 lkpolicy -s Failover -e tag="tagname" [指定内容]
tagname :リソース名
特定のリソースのローカルリカバリを無効化 lkpolicy -s LocalRecovery -E tag="tagname" [指定内容]
tagname :リソース名
特定のリソースのローカルリカバリを有効化 lkpolicy -s LocalRecovery -e tag="tagname" [指定内容]
tagname :リソース名
ローカルリカバリ回数超過によるフェイルオーバーの有効化 lkpolicy -s TemporalRecovery -e recoverylimit=number period=number [指定内容]
number:整数値
 
[参考情報]
TemporalRecoveryオプションは、サーバー単位の設定になります。リソース単位での設定はできません。
period(回数)に指定する値は、recoverylimit*2より大きい値とする必要があります。
その他 コマンド 参考
LK構成情報のバックアップ lkbackup -c [--cluster] 構成情報は取得したサーバーだけで利用できます。構成情報を取得する際は、全てのサーバーで同時期に取得してください。--clusterオプションを利用することで、コマンド実行時に全ノードの構成情報を取得します。
構成情報のアーカイブファイルは、/opt/LifeKeeper/config/ 配下に作成します。
LK構成情報のリストア lkbackup -x -f filepath [指定内容]
filepath:構成情報ファイルのフルパスまたは相対パス本コマンドは、LifeKeeperが停止している状態で実行する必要があります。各サーバーで同時期に取得した構成情報をそれぞれ指定してください。
ホスト名/IPアドレスの変更 lk_chg_value -o old_value -n new_value -v [指定内容]
old_value:古い値
new_value:新しい値本コマンドは、LifeKeeperが停止している状態で実行する必要があります。ホスト名/IPアドレスは、他サーバーの情報も格納されています。そのため、本コマンドは、全てのサーバーで実施する必要があります。
LKクラスタシステムに関する情報の一括取得 lksupport [--full] ※製品サポートに障害解析などを依頼する際に必要な情報です。
本コマンドで情報を取得する際は、全ノードで同時期に取得してください。
--fullオプションを使用することでローテートされたLifeKeeperのログも含めて取得することが可能です。
※--fullオプションは、v8.0から使用可能です。

 


改訂履歴

[公開日:2016年1月6日]

[更新日:2016年8月31日]
lkbackup コマンドの出力先の誤記を修正しました

return top