[Linux] Recovery Kit for EC2 の処理概要

Recovery Kit for EC2 が提供する監視機能と起動処理、停止処理、リカバリ処理についてご説明します。
各動作は Amazon EC2 より提供されている EC2 API Tool を元に実施されます。

更新処理に対しての EC2 API Tool の実施は EC2_MAX_RETRY の値(デフォルト値:3)でリトライされます。

Recovery Kit for EC2 はリソース作成時に指定したリソースタイプにより処理が異なります。
ご利用のリソースタイプに合わせてご参照ください。
・ルートテーブルシナリオ (バックエンドクラスタ)
・Elastic IP シナリオ (フロントエンドクラスタ)

対象製品
Recovery Kit for EC2 (LifeKeeper for Linux)
※本処理概要は LifeKeeper for Linux v9.0.1 に付属するリカバリキットをもとに作成しています。

監視処理


/etc/default/LifeKeeper 内の LKCHECKINTERVAL で設定されている間隔で監視を実行します。
(デフォルト値は120秒です)

 ルートテーブルシナリオ (バックエンドクラスタ)
 LifeKeeper のアクティブなノード上の Elastic Network Interface (ENI)が正しいかどうかを監視します。

 Elastic IP シナリオ (フロントエンドクラスタ)
 Elastic IP と アクティブなサーバ上にある ENI との関連付けや LinkUP の有無を監視します。

チェック時に EC2 API Tool から応答が無い場合は EC2_QUICKCHECK_TIMEOUT の値でタイムアウトします。
(デフォルト値は100秒です)
ただしタイムアウトではリソース障害とは判断致しません。
EC2 API Tool を利用して取得した結果と、サーバ上のメタデータの情報を元にして正常ではないと判断された場合、リソース障害となります。


起動処理


EC2リソースが起動された際、各シナリオで以下の動作をします。
 ルートテーブルシナリオ (バックエンドクラスタ)
 (1) RouteTable の情報を取得します。
 (2) RouteTable の更新を行います。
    この処理は EC2_MAX_RETRY の値(デフォルト値:3)でリトライされます。

 Elastic IP シナリオ (フロントエンドクラスタ)
 (1) ENI を取得します。
 (2) ENI に Elastic IP を関連付けします。
   この処理は EC2_MAX_RETRY の値(デフォルト値:3)でリトライされます。
 (3) LinkUp しているかを確認します。
   LinkUp していない場合は、LinkUpさせます。
 (4) Elastic IP と ENI との関連付けを確認します。

EC2 API Tool から応答が無い場合は EC2_RESTORE_TIMEOUT の値でタイムアウトします。
(デフォルト値は300秒です)


停止処理


EC2リソースが停止された際、各シナリオで以下の動作をします。
 ルートテーブルシナリオ (バックエンドクラスタ)
  EC2リソースに関する処理は何もしません

 Elastic IP シナリオ (フロントエンドクラスタ)
 ENI ID と Elastic IP の関連付けを解除します。
 この処理は EC2_MAX_RETRY の値(デフォルト値:3)でリトライされます。
 関連付けを解除後に、解除されたことを確認します。

EC2 API Tool から応答が無い場合は EC2_REMOVE_TIMEOUT の値でタイムアウトします。
(デフォルト値は300秒です)


回復処理


EC2リソースへ回復処理が実施された際、各シナリオで以下の動作をします。
 ルートテーブルシナリオ (バックエンドクラスタ)
  起動処理と同じ処理を実行します。

 Elastic IP シナリオ (フロントエンドクラスタ)
  起動処理と同じ処理を実行します。

EC2 API Tool から応答が無い場合は EC2_RECOVER_TIMEOUT の値でタイムアウトします。
(デフォルト値は300秒です)


パラメータ


各パラメータは「Recovery Kit for EC2」のドキュメント内の「Recovery Kit for EC2 のチューニング」を参照ください。

Recovery Kit for EC2 のチューニング

LifeKeeper のパラ―メータ一覧にも同様の記載がございます。

EC2パラメータ一覧


掲載日: 2016年01月29日

return top