LifeKeeper for LinuxとDell PowerVault MD3200の連携

本ドキュメントは、共有ストレージにマルチパス構成のDell社製ストレージPowerVault
MD3200を用いたHAシステムを構築する方法をご案内するものです。

これまで、LifeKeeperとMD3200の組み合わせはシングルパスでのみご利用可能でしたが、本ドキュメントを参考に構成して頂くことで、当該ストレージをマルチパス構成で利用することができます。

また、SCSI Reservationに加えて新たにサポートされたI/O Fencing機能である「Quorum / Witness
Server Kit」「IPMI STONITH」のそれぞれについての概要と設定方法を解説しております。
興味がお有りの方は是非ご一読ください。

return top