VMware vSphere環境でRDM使用時のLifeKeeperサポート構成について

■サポート構成について
VMware vSphere環境のRDM(Raw Device Mapping)によるクラスタ構成では、以下の2つの構成をサポートします。

a)VMware ESX/ESXiホスト(以下、ホストサーバ)のローカルディスクにゲストOSのVMイメージを格納し、共有ストレージ内に共有ディスク用途のディスク領域をRDMで割り当てた構成

figure_rdm_a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

b)ホストサーバにはローカルディスクを持たせず、共有ストレージ内にゲストOSのVMイメージを格納し、共有ディスク用途のディスク領域をRDMで割り当てたクラスタ構成

figure_rdm_b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■FC経路障害時の留意点
b)の構成では以下のFC経路障害時に留意点があります。
=>ゲストOSのVMイメージが格納されている箇所のFC経路
=>ゲストOSのVMイメージ及びRDM領域が格納されている箇所のFC経路

上記に相当するハードウェア障害が発生した場合においては、LifeKeeperの障害検出機能が正常に動作せず、フェイルオーバ動作が行えない可能性があります。これらの留意点を踏まえた運用設計をしていただくか、あるいはFC経路障害時にホストサーバからゲストOSを停止させる等、LifeKeeperとは別の障害検出機能を設け、フェイルオーバ動作が正常に行える仕組みを用意することをご検討ください。

 

return top