Samba ARK(LifeKeeper for Linux)の処理概要について

“Samba ARKが提供する監視機能と起動処理、停止処理についてご説明します。

対象製品
 ・Samba ARK(LifeKeeper for Linux)

監視機能
 Samba ARKは以下の項目を監視しています。

(1) 以下のSambaのコマンドを使用して、smbデーモンが起動しているかどうかを確認します。

smbclient -L ‘$netbiosname’ -U% -I $IPAddress
※$netbiosnameと$IPAddressはsambaのglobal directiveに設定されているnetios nameとinterfacesから取得します。

上記のコマンドを実行し、その戻り値を確認します。
コマンド成功の戻り値が得られなければ、フェイルオーバーのトリガーとなります。

(2) 以下のコマンドを使用して、nmbdデーモンが起動しているかを確認します。

nmblookup -B $BroadCastAddr $netbiosname
※$BroadCastAddrはglobal directiveのinterfacesに設定されているアドレスのブロードキャストアドレスです。$netbiosnameは前述と同じです。

上記のコマンドを実行し、その戻り値を確認します。
コマンドの成功の戻り値が得られなければフェイルオーバーのトリガーとなります。

起動処理
 Samba ARKを通じてSambaリソースを起動する場合、以下の処理が実行されます。

以下のコマンドでsmbデーモンとnmdデーモンを起動します。

smbd -D -s $ConfFile

nmbd -D -s $ConfFile
※$ConfFileはsambaのコンフィグレーションファイルであるsmb.confです。

停止処理
 Samba ARKを通じてSambaリソースを停止する場合、以下の処理が実行されます。

smbデーモンとnmdデーモンに対してkill 15を発行します。
それでも停止できない場合はkill 9を発行します。

掲載日: 2010年1月29日”

return top