LifeKeeper for Linux v8 Update1(v8.1.2) リリースのご案内

2013年4月23日(火) より、LifeKeeper for Linux v8 Update1(v8.1.2)の販売を開始いたしました。
以下が詳細となります。

■以下のプラットフォームを新たにサポートしました。
・Red Hat Enterprise Linux 5.9 ,6.4
・CentOS 5.9 ,6.4
・Oracle Enterprise Linux 5.9
・Oracle Linux 6.3 ,6.4
 
 ※SLES 10のサポートは、LifeKeeper for Linux v8.0を最後に終了とさせていただきました。
詳細については製品サポート、または担当営業までお問い合わせください。

■機能追加・変更
[DataKeeper for Linux] ・ミラーボリュームの再作成をしなくてもサイズ変更が出来るようになりました。
・利便性向上のためにmirror_actionコマンドの必須パラメータを任意のパラメータに
 変更しました。

[PostgreSQL] ・EnterpriseDB Postgres Plus Advanced Server 9.2に対応しました。

[MySQL] ・version 5.6に対応しました。

[DMMP] ・ATP_C に対応した SASストレージを使用した際、適切にイニシエータをデバイスに
 登録できるようになりました。

■修正
以下の不具合に対応しました。

[Samba] ・SLES11SP2環境にてSamba リソースを作成できない。

[SAP] ・セントラルインスタンス以外のリソース作成時にホスト名が適切に参照できない。

[PostgreSQL] ・PGSQL RKのリカバリ処理のタイムアウトが正しく動作しない。

[DataKeeper] ・mdadmの不具合の影響で同期が完了してもdata_corruptのフラグが残ってしまう。
・データレプリケーション環境にて、非同期モード且つnbd_serverをマルチスレッドで運
 用した場合(デフォルト)、スタンバイ側のファイルシステム(データ)に不整合が発生する
 可能性がある不具合の回避策を実装。

[NFS] ・リカバリ処理のログが出力されない。

return top