[Linux]LifeKeeperが独自に出力するログファイルについて

LifeKeeper 製品として独自に出力するログファイルについてご案内致します。

 

  • /var/log/lifekeeper.log(v8.0 以降~)
    LifeKeeper の基本的な動作に関するログが出力されます。
    どのリソースの処理でlifekeeper.errにロギングしたのかについても出力の対象となります。
  • /var/log/lifekeeper.err(v8.2 以降~)
    quickCheckとlocal recoveryの失敗時にサーバの状態把握の為のログが出力されます。
  • /var/log/steeleye-lighttpd/access.log(v7.5 以降~)
    ブラウザか lkGUIapp で、lkGUIserver へログインした時の情報が出力されます。
  • /var/log/steeleye-lighttpd/error.log(v7.5 以降~)
    lighttpd サーバの動作に関するログが出力されます。
    名称としては error となっておりますが、エラー以外のログも出力されます。

改定履歴

[公開日:2016年10月31日]

return top