SIOS Protection Suite for Windows / SIOS DataKeeper Cluster Edition 仮想環境構成ガイド

このドキュメントは、VMware vSphere 上の仮想マシン(VM)上で以下の製品を使用したクラスタ構成を行う場合のガイドです。

・SIOS Protection Suite for Windows(LifeKeeper for Windows)
・SIOS DataKeeper Cluster Edition(WSFC + DKCE)

仮想環境構成ガイドの概要とドキュメントを以下に公開します。vSphere 6 の環境への導入に際してご活用ください。

SIOS Protection Suite for Windows / SIOS DataKeeper Cluster Edition 仮想環境構成ガイド (VMware vSphere6 編)

 
*掲載内容
1. サポート要件について
2. 仮想マシン構成について
3. 障害発生時の LifeKeeper の動作について
4. vSphere 6 の機能利用について
5. LifeKeeper for Windows 設定上の考慮点
 
 
なお VMWare の VM で稼働する LifeKeeper for Windows v8.2.1 以降の IP リソースは、ESXi サーバのネットワーク障害を検出しない仕様となっています。
その為、仕様に含まれていない ESXi サーバのネットワーク障害を検出する場合は、Generic ARK を利用して監視を行うリソースを追加して頂く必要がございます。
今回はこのリソースの Generic ARK サンプルスクリプトを用意しました。
 


 
このサンプルスクリプトを使用して ESXi ネットワーク監視用リソースを導入することで、ESXi サーバでサービス LAN として割り当てられたネットワークの障害を検出できるようになります。
導入の詳細については、スクリプトファイルに同梱している Readme.txt をご確認ください。
 


改訂履歴

[公開日:2016年11月9日]

return top