LifeKeeper for Linux v9.3 / Single Server Protection for Linux v9.3 リリースのご案内

LifeKeeper for Linux / SIOS Protection Suite for Linux / Single Server Protection for Linuxの最新バージョンである、v9.3 がリリースされました。
製品受注・出荷開始日は 2018年8月8日です。
 
各製品の詳細情報は下記の通りです。
 
 

■ 機能拡張、追加

v9.3 では下記に関する機能追加、及び機能拡張がございます。
 
[機能拡張]
◆Quorum Witness Kit Enhancement
・Quorum Witness 機能は、フェールオーバー時に各ノードが起動すべきか否かをより高い信頼度で判定するための仕組みで、共有ストレージを介してこの判定を実施するstorageモードを追加しました。
・この共有ストレージには、物理ストレージ、RDM、iSCSI、VMDK、NFS、Amazon S3を利用することができます。
注)storageモードは、今回リリースバージョンであるv9.3以降のバージョン
  をご使用時に利用可能となります。Witness Server-Quorum storageオプション
  申請書にて申請をしていただくことにより利用できます。
 
◆Setup Script Enhancement
・configファイルを利用した非対話(Non-interactive)インストールが可能となります。これにより、GUI経由でのオペレーションを介さず、LifeKeeperのインストール作業に関して、コマンドラインベースでの迅速な導入が可能となっております。
・その他、メニューからオプションARKをアンインストールすることが可能となります。
 
[機能追加]
◆EC2 / Route 53 RKのAWS HTTPプロキシの使用をサポートします。
・これにより、プロキシサーバーを使用したAWSへのアクセスが可能となります。
 

■ 追加されたサポートOS、ソフトウェア

v9.3において新規にサポートされたOS、ソフトウェアは以下の通りです。
 
[サポート対象OSの追加]
・Red Hat Enterprise Linux 7.5 (※)
・Oracle Linux 7.5 (※)
・CentOS 7.5 (※)
 ※ カーネルの問題により、データレプリケーション構成における非同期モードはサポートされません。
 
[サポート対象ソフトウェアの追加]
 新規にサポート対象に追加されたソフトウェアはありません。
 
[サポート対象環境の追加]
・HPE SimpliVity
以下のサイトにて検証レポートを公開中です。
https://sios.jp/products/lkdk/product/download.html
 
◆その他、新たにサポートされたストレージを以下に記載します。
‐HPE Nimble Storage シリーズ
  AF1000/3000/5000/7000/9000
  CS1000H/1000/3000/5000/7000
‐Hitachi Virtual Storage Platform (VSPシリーズ)
  F900/F700/F370/F350/G900/G700/G370/G350/G150
‐DELL Storage SCシリーズ
  SC5020/SC7020/SC9000
‐NEC Storage
  M12e/M120/M310F/M320/M320F/M710F
 
 
修正されたBug情報と修正内容に関しては、受注開始日・出荷開始日の2018年8月8日に当サイトに掲載されるTechnical Update Informationおよび、ドキュメントサイト(http://jpdocs.us.sios.com/)に掲載されるリリースノートをご参照ください。
 
 


 
更新履歴
 
[公開日:2018年8月8日] 

return top