[Windows]TTYCA.EXE(またはDISKCA.EXE)にアプリケーションエラーが発生します

WindowsのアプリケーションログでTTYCA(またはDISKCA)のアプリケーションエラーが発生し、LifeKeeperのプロセスが再起動されるケースが発生する場合があります。これに伴ってアプリケーションログでは以下のようなログを確認することができます。

17:19:56 TTYCA.exe のアプリケーションエラー
17:19:56 *ERROR* (No. 19166) lkinit: Unable to terminate process
[C:\LK/bin/LCM.EXE] 17:19:57 *INFO* (No. 969) LifeKeeper LCD daemon is now available
17:20:27 *INFO* (No. 959) LifeKeeper: communication to HONSVR29 by
TCPIP:1500 RESTORED
17:20:27 *INFO* (No. 959) LifeKeeper: communication to HONSVR29
by TCPIP:1510 RESTORED

この現象が発生する要因は、何らかのガベージ情報がディスクやシリアルポートのパイプコネクションに混入し、相手ノードにて正しく解釈されなかったため、本現象が発生したと考えられます。また、ディスクやシリアルポートの通信パスを使用している場合は、ガベージの混入によるアプリケーションエラーは発生しないことを確認しています。(「ガベージ情報」とはメモリ内に残存しているゴミ)

ディスクやシリアルポートの通信パスを使用しない場合、 DISKCA.exe と TTYCA.exe を起動を抑制することにより、この現象に対処します。
以下の手順を全サーバに実行してください。

1:c:\LK\Etc\lkinit.configファイルを変更します。

このファイルはLifeKeeperサービスの起動ともに自動起動されるプロセスを定義するファイルです。このファイルからTTYCA.EXE DISKCA.exeの行を削除します。
* ) 元のファイルはリネームして残しておいて下さい。

<オリジナル>
C:\LK/bin/LCM.EXE 1 X X X X X X
C:\LK/bin/SOCKCA.EXE|-t 1 X X X X X X
C:\LK/bin/TTYCA.EXE|-t 1 X X X X X X
C:\LK/bin/DISKCA.EXE|-t 1 X X X X X X
C:\LK/bin/LCMLCDINT.EXE 1 X X X X X X
C:\LK/bin/LCD.EXE 1 X X X X X X
C:\LK/bin/LKCMServer.EXE|LKCMMessage 1 X X X X X X

<変更後>
C:\LK/bin/LCM.EXE 1 X X X X X X
C:\LK/bin/SOCKCA.EXE|-t 1 X X X X X X
C:\LK/bin/LCMLCDINT.EXE 1 X X X X X X
C:\LK/bin/LCD.EXE 1 X X X X X X
C:\LK/bin/LKCMServer.EXE|LKCMMessage 1 X X X X X X

2:コマンドプロンプトよりLifeKeeperを停止

C:\LK\Bin\lkstop.exe -f

3:LifeKeeper GUIが全て閉じられていることを確認するGUIが起動されているとLifeKeeperのサービスを起動するときにエラーとなり LifeKeeperが起動しません。

4:コマンドプロンプトよりLifeKeeperを起動C:\> C:\LK\Bin\lkstart.exe

5:他のクラスタノードも1〜3の手順でTTYCA.exeとDISKCA.exeを起動しないようにします。

return top