[Linux] lkping コマンドについて

lkping コマンドの概要
lkping コマンドは、LifeKeeper for Linux 用にカスタマイズされた疎通確認コマンドです。
LifeKeeper の一部のリソースに対する処理に利用されます。

ping コマンドとの差異
一般的に疎通確認に利用される ping コマンドと lkping コマンドでは、一部のオプションが異なりますが、疎通確認の内部動作は同じです。
lkping コマンド結果がエラーとなるような状況では、ping コマンドでも同様にエラーとなることが想定されます。

使用方法

lkping [オプション(+引数)] host

各オプション
一部のオプションについては lkping 特有です。その他のオプションは通常の ping コマンドと同じです。

 -b : ブロードキャスト ping を送出
 -n : 数値出力のみ実施(ホスト名の検索を行わない)
 -q : 開始時と終了時の要約のみ表示
 -c : パケット送信回数を指定
 -w : LifeKeeper特有。タイムアウトまでの秒数を指定
   ※疎通確認のため一般的に使用される ping コマンドは、-w オプションの引き数としてミリ秒で指定しますが、lkping では秒数で指定します。指定単位が異なるのみで、動作は同じです。
 -I : LifeKeeper特有。送信元インターフェースアドレスを指定
 -z : LifeKeeper特有。ping応答の受信を除外。除外するアドレスを “,(カンマ)”区切りでリストする
   ※ブロードキャストpingに対して、自ノード上のIPアドレスからの応答を除外するために使用します。

実際の利用例
以下リンク先文書の記述に、実際の利用例が含まれます。
 
 [Linux] IP Recovery Kit の処理概要(v7.4.0-)
 [Linux] DataKeeper for Linux の処理概要
 


改訂履歴

[公開日:2018年10月05日]

return top