LifeKeeper for Linux / SIOS Protection Suite for Linux / Single Server Protection for Linux v9.3.1リリースのご案内

LifeKeeper for Linux v9.3.1 / SIOS Protection Suite for Linux / Single Server Protection for Linuxの最新バージョンである、v9.3.1 がリリースされました。
製品受注・出荷開始日は 2018年11月1日です。

各製品の詳細情報は下記の通りです。
 

■新機能

・v9.3.1はメンテナンスバージョンです。追加された新機能はございません。
 
 

■追加されたサポートOS、ソフトウェア

・v9.3.1において新規にサポートされたOS、ソフトウェアは以下の通りです。

[サポート対象OSの追加]
 ・Red Hat Enterprise Linux 6.10
 ・CentOS 6.10
 ・Oracle Linux 6.10

[サポート対象ソフトウェアの追加]
・My SQL 8.0

[サポート対象環境の追加]
  ・v9.3.1において新たにサポートされたストレージは以下の通りです。
   ‐HPE Nimble Storage シリーズ
  AF20Q/AF20/AF40/AF60/AF80
  CS1000H/1000/3000/5000/7000
  ※上記はいずれも、ホストインターフェース:iSCSI
‐HPE XP7 Storage System
  ※ホストインターフェース:FC、マルチパス:HDLM/DMMP/Single
‐Hitachi Virtual Storage Platform G130
  ※ホストインターフェース:FC、マルチパス:HDLM/DMMP/Single
  ※ホストインターフェース:iSCSI、マルチパス:DMMP/Single

[その他、特記事項]
・HULFT8への対応
従来バージョンよりHULFT 8へのサポートは可能でしたが、一般ユーザ権限によるHULFTの運用についても、サポート可能とする対応を行いました。

修正されたBug情報と修正内容に関しては、当サイトに掲載されるTechnical Update Informationおよび、ドキュメントサイト(http://jpdocs.us.sios.com/)に掲載されるリリースノートをご参照ください。
 


更新履歴

[公開日:2018年11月1日]

return top