[Linux] QWK_STORAGE_OBJECT パラメーターに対して “No such file or directory” のエラーが発生する

 

■発生事象

Storage Quorum を利用する際に使用する /etc/default/LifeKeeper 内のパラメーター QWK_STORAGE_OBJECT に対して、パスが正しく設定されているにも関わらず、qwk_storage_init 実行時に以下のエラーが発生する。

/etc/default/LifeKeeper: line 315: QWK_STORAGE_OBJECT_lknode-01=s3://qwkbucket.testlk.tokyo/lknode-01,s3://qwkbucket.testlk.sydney/lknode-01: No such file or directory
/etc/default/LifeKeeper: line 316: QWK_STORAGE_OBJECT_lknode-02=s3://qwkbucket.testlk.tokyo/lknode-02,s3://qwkbucket.testlk.sydney/lknode-02: No such file or directory

 

■原因

ホスト名にハイフン(-)またはドット(.)を含む場合、 /etc/default/LifeKeeper 内のパラメーター QWK_STORAGE_OBJECT の記述の中に限って、当該箇所をアンダースコア(_) に置き換える必要があります。
(例:QWK_STORAGE_OBJECT_lknode-01 → QWK_STORAGE_OBJECT_lknode_01
 

■原因への合致条件

LifeKeeper for Linux v9.3 以降
I/O Fencing 方法として Storage Quorum/Witness を採用している
awscli が LifeKeeper で使用できるよう正しく設定されている
S3 bucket へのパスが正しく設定されている
S3 bucket へのアクセス権限が正しく設定されている
クラスターのホスト名にハイフン(-)またはドット(.)が含まれる
 

■対処方法

クラスターのホスト名が lknode-01, lknode-02 の場合、 /etc/default/LifeKeeper 内のパラメーター QWK_STORAGE_OBJECT に対して、例として以下のように記載します。

QWK_STORAGE_OBJECT_lknode_01=s3://qwkbucket.testlk.tokyo/lknode_01,s3://qwkbucket.testlk.sydney/lknode_01
QWK_STORAGE_OBJECT_lknode_02=s3://qwkbucket.testlk.tokyo/lknode_02,s3://qwkbucket.testlk.sydney/lknode_02

 

■参考ドキュメント

SIOS Protection Suite for Linux 9.3 テクニカルドキュメンテーション
Quorumパラメータ一覧
http://jpdocs.us.sios.com/Linux/9.3/LK4L/TechDoc/index.htm#Parameters/Quorum_Parameters.htm

[Linux]Quorum Witness Kit を使用した Storage Quorum/Witness 構成ガイド
http://lk.sios.com/?p=6591


改訂履歴

[公開日:2018年12月26日]

return top