[Linux]RHEL4など、文字コードがUTF-8の環境下で用いた場合に、[In-Service]等のオペレーションで表示されるウィンドウ上でタイムスタンプが文字化け(□□・・・と表示)してしまいます

RHEL4などで、OSの言語設定に日本語UTF-8 (LANG=ja_JP.UTF-8) を設定した環境下で
LifeKeeper for Linux用いた場合に、[In-Service]等のオペレーションで表示
されるGUIウィンドウ上でタイムスタンプの年月部分が文字化け(□□・・・)
してしまいます。

LifeKeeper for Linux v6 Update2 ( Coreバージョン: v6.2.0-5)までのLifeKeeper
for Linux のGUI管理画面のウィンドウは、LK v4.6、LK v5、LK v6のいずれもが、
日本語EUC (ja_JP.eucJP) エンコードされた日本語の表示しかサポートして
いません。

このため、OSのデフォルト言語設定に日本語UTF-8を設定した場合 (LANG=ja_JP.UTF-8)、
LifeKeeper インストール時にLifeKeeperの初期化パラメーターファイルにも
LANG=ja_JP.UTF-8 が設定されるため、LifeKeeperが出力するメッセージのタイム
スタンプ部分(date コマンドを使用) が日本語UTF-8で出力されるため、正しく
表示できません。

対処:

・ LifeKeeper for Linux v4.6 または v5 をお使いの場合:
LifeKeeper の初期化パラメーターファイル(/etc/default/LifeKeeper)にLANG=C
を設定し、LifeKeeperが出力するメッセージに日本語が含まれないようするか、
OSでのデフォルト言語の設定(/etc/sysconfig/i18n)とLifeKeeperでの設定
(/etc/default/LifeKeeper)を共に日本語EUCに設定(LANG=ja_JP.eucJP)して
ください。

・ LifeKeeper for Linux v6 (v6.0.0 ~ v6.2.0)をお使いの場合:
LifeKeeper for Linux v6 Update 2 Maintenance Release #1 へアップデート
してください。このバージョンのGUI管理画面では、日本語EUCに加えて、日本語
UTF-8とシフトJISがサポートされました。

LifeKeeper for Linux v6.2.1 へのアップデートが出来ない場合は、OSでの設定
(/etc/sysconfig/i18n)とLifeKeeperでの設定(/etc/default/LifeKeeper)を共
に日本語EUCに設定(LANG=ja_JP.eucJP)してください。

return top