LifeKeeper for Linux(SPS-L) / LifeKeeper for Windows(SPS-W)におけるOpenJDKの利用について

LifeKeeper製品では、これまでJavaの実行環境としてOracle社より提供されているOracleJREを同梱しておりましたが、この度のOracle社の提供方針の変更により、同様の提供方法を取ることが困難となりました。
つきましては、Javaのオープンソースの実装であるOpen JDKを下記の通りサポートいたします。お客様の環境において、OracleJREの継続利用が困難である場合は、下記の内容をお読みの上OpenJDKの利用をご検討ください。

サポート対象とするOpenJDKとLifeKeeperの組み合わせは以下の通りです。

  1. 以下のLifeKeeper製品に対して、OpenJDKの利用をサポートします。
  • LifeKeeper for Linux v9.3.1, v9.3.2
  • LifeKeeper Single Server Protection v9.3.1 , v9.3.2
  • LifeKeeper for Windows v8.6.3
  1. 対象製品のリリース時期は以下のとおりです。
  • LifeKeeper for Linux v9.3.1 / LifeKeeper Single Server Protection v9.3.1 (2018年11月リリース済み)
  • LifeKeeper for Linux v9.3.2 / LifeKeeper Single Server Protection v9.3.2 (2019年上旬リリース予定)
  • LifeKeeper for Windows v8.6.3 (2019年2月リリース予定)
  1. OpenJDKの入手方法は以下のとおりです。
  • OpenJDKは上記対象製品に同梱されていません。OracleJREは従来どおり同梱されています。)
  • 弊社にて動作検証に利用したOpenJDKは以下のものです。

LifeKeeper for Linux v9.3.1/v9.3.2

https://jdk.java.net/10/ / JDK v10.0.2

LifeKeeper Single Server Protection v9.3.1/v9.3.2

 https://jdk.java.net/10/ / JDK v10.0.2

LifeKeeper for Windows v8.6.3:

https://github.com/ojdkbuild/ojdkbuild / JDK v1.8.0_191-1

 

  1. サポートするOpenJDKのバージョンは以下のとおりです。
  • Ⅲに記載のバージョンをサポートします。
  • Ⅲに記載のバージョンと互換性のあるバージョンもご利用いただけます。ただし、正常に動作しなかった場合には、製品に同梱されているOracleJREまたはⅢに記載のバージョンをご利用ください。

【FAQ】

  1. OpenJDKを利用しないといけないのか?
  • いいえ。OracleJREの新しいバージョンは有償化され、かつ再配布禁止となるため継続的なご提供をお約束できません。ご利用いただくお客様のポリシーに合ったJava環境が利用できるよう、OpenJDKもご利用いただけるようにしたものであり、OpenJDKの利用が必須ということではありません。
  1. Ⅰ. に関して、古いバージョンのLifeKeeper製品ではOpenJDKは利用できないのか
  • フルサポートが終了しているバージョンではご利用いただけません。
  • フルサポート期間中の場合、Ⅳ. の記載に準じてご利用ください。ただし、正常に動作しなかった場合には、Ⅰ. に記載されたバージョンにUpgradeするか、同梱されているOracleJREをご利用ください。
  1. 同梱されているOracleJREに脆弱性がある場合どう対応すればよい?
  • 脆弱性が解消されていて、かつⅢ. と互換性のあるOpenJDKをご利用ください。
  1. 同梱されているOracleJREに脆弱性がある場合に、OracleJRE有償版を利用しても良いか?
  • はい。OracleJRE有償版の利用を制限してはおりせんので、利用することは可能です。ただし、個別に各JDKの動作確認を行ってはおりませんので、お客様の環境で正常に動作しなかった場合は、OpenJDKをご利用ください。
  1. Ⅳ. に関して、例えばAmazon Corretto等のJDKを利用しても良いのか。
  • サポートポリシーに記載のバージョンと互換性のあるものであれば、Amazon Correttoやその他のJDKをご利用いただいても結構です。なおお客様の環境で正常に動作しなかった場合は、Ⅳ. に記載の内容に準じます。

 

関連記事:

LifeKeeper for Linux v9.3.1でのOpenJDK サポートについて

 


改定履歴
[公開日:2018年12月26日] 

return top