LifeKeeper for Linux / SIOS Protection Suite for Linux / Single Server Protection for Linux v9.3.2リリースのご案内

LifeKeeper for Linux / SIOS Protection Suite for Linux / Single Server Protection for Linux の最新バージョンである、v9.3.2 がリリースされました。

製品受注・出荷開始日は 2019年5月9日です。
各製品の詳細情報は下記の通りです。

■新機能
v9.3.2はメンテナンスバージョンのため機能の追加はございません。
 
■追加されたサポートOS、ソフトウェア
v9.3.2において新規にサポートされたOS、ソフトウェアは以下の通りです。
 
[サポート対象OSの追加]

 ・Red Hat Enterprise Linux 7.6 ※v9.3.1で追加サポートされました。
 ・CentOS 7.6
 ・Oracle Linux 7.6
 ・SUSE Linux Enterprise Server 12 SP4
 ・SUSE Linux Enterprise Server 15
 
[サポート対象ソフトウェアの追加]

 ・Oracle 18c    ※v9.3.1で追加サポートされました。
 ・PostgreSQL 11
 ・FUJITSU Software Enterprise Postgres 10
 ・IBM MQ 9.1
 
[サポート対象環境の追加]

 ・新たにサポートされたストレージは以下の通りです。
  ‐Pure Storage mシリーズ/ xシリーズ
   ※ホストインターフェース:FC、マルチパス:DMMP
 
[その他、特記事項]

 ・SAP関連の対応
 ・「SIOS Protection Suite Linux v9」にて取得していた、SAPの認定を更新いたしました。(SAP High Availavility Interface7.50)
 ・SAPが推奨するSELinuxの”Permissive”モードについて、SAP利用時に限りサポートいたします。

 


改訂履歴

[公開日:2019年05月09日]

return top