新しいストレージサポートポリシー(Any Storage)について

Any Storageとは、LifeKeeper for Linux で利用可能なストレージを増やす新しい製品開発計画を指します。
この計画に基づき、LifeKeeper for Linux v9.3.2以降では、共有ストレージとして利用可能な環境が従来より拡張されました。

これまでは、利用可能な共有ディスク型のストレージは、以下1-3のいずれかの条件に該当する必要がありました。

1.サポートストレージ一覧に掲載されたストレージ
2.ストレージベンダーによって認定済みのストレージ
3.個別サポート済みのストレージ

LifeKeeper for Linux v9.3.2以降では、上記に加え、以下の新しいサポート条件が追加されました。

4.以下の条件をすべて満たす環境で利用されるストレージ
 - OSやハードウェア、プラットフォームでサポート済みのストレージである
 - LifeKeeper のSCSI Reservation 機能をオフにする
 - LifeKeeper のQuorum/Witnessによるフェンシング機能を採用する

これにより、未サポートであったストレージやプラットフォームによる共有ディスク構成が採用可能となります。

*各機能の詳細は以下を確認してください。

リザベーションの無効化
http://jpdocs.us.sios.com/Linux/9.3.2/LK4L/TechDoc/index.htm#configuration/lifekeeper_io_fencing/disabling_reservations.htm
Quorum/Witness
http://jpdocs.us.sios.com/Linux/9.3.2/LK4L/TechDoc/index.htm#configuration/lifekeeper_io_fencing/quorum_witness.htm
 


改訂履歴

[公開日:2019年08月21日]

return top