LifeKeeper for Linux / SIOS Protection Suite for Linux / Single Server Protection for Linux v9.4リリースのご案内

LifeKeeper for Linux / SIOS Protection Suite for Linux / Single Server Protection for Linuxの最新バージョンである、v9.4 がリリースされました。

製品受注・出荷開始日は 2019年10月8日です。
各製品の詳細情報は下記の通りです。
 

■新機能

[機能追加]

・より安全なフェイルオーバーを実現できる「スタンバイノードの監視機能」を追加しました。詳しくはブログ記事をご参照ください。
 

[機能拡張]

・共有ストレージとして利用可能な環境が従来より拡張されました。未サポートであったストレージやプラットフォームによる共有ディスク構成が採用可能となります。詳しくは以下URLをご参照ください。
新しいストレージサポートポリシー(Any Storage)について
 

■追加されたサポートOS、ソフトウェア

v9.3.2において新規にサポートされたOS、ソフトウェアは以下の通りです。
 

[サポート対象OSの追加]

・Red Hat Enterprise Linux 8  ※Securebootは除く(詳しくはリリースノートをご参照ください。)
・Oracle Linux 7.5 および 7.6 ※Unbreakable Enterprise Kernel Release 5 (UEK R5) のサポート追加
 

[サポート対象ソフトウェアの追加]

・Oracle19c ※v9.3.2から追加サポートされました。
・MariaDB 10.3 ※10.1, 10.2は除く
・DB2 11.5
 

[その他特記事項]

・SAP S/4HANAにおけるHAクラスターの認定(S/4-HA-CLU-1.0)を取得

※修正されたBug情報と修正内容に関しては、当サイトに掲載されるTechnical Update Informationおよび、受注開始日・出荷開始日にドキュメントサイトに掲載されるリリースノートをご参照ください。


改訂履歴

[公開日:2019年10月08日]

return top