【重要】特定のKernel version 上でのDataKeeperの非同期モード利用に対する制限事項への対応について

 

概要

LifeKeepe for LinuxにおいてDataKeeperリソースの非同期モード設定を使用すると、特定バージョンのカーネルでカーネルパニックが発生することが確認されています。これについては既知の問題と制限に情報が記載されています。
本事象はカーネルに依存した問題であるため、LifeKeeperによる根本的な解決方法はありません。DataKeeperの非同期モード設定をご利用いただくには、カーネルのアップデート、またはダウングレードが必要となります。
 

対象環境

DataKeeperの非同期モードを利用できないカーネルバージョンは次の通りです。

OS カーネルバージョン
Red Hat Enterprise Linux
Oracle Linux
Cent OS
3.10.0-693.24.1.el7.x86_64以降の3.10.0-693.系カーネル
3.10.0-862.el7.x86_64から 3.10.0-862.26.x.el7.x86_64まで
3.10.0-957.el7.x86_64 から 3.10.0-957.3.x.el7.x86_64まで

 

回避方法

対象環境に該当するカーネルバージョンをご利用で、DataKeeperリソースを非同期モードでご利用の場合には以下のカーネル バージョンへのアップデート(またはダウングレード)を実施してください。

OS カーネルバージョン
Red Hat Enterprise Linux
Oracle Linux
Cent OS
3.10.0-693.24.1.el7.x86_64未満の3.10.0-693.系カーネル
3.10.0-862.29.1.el7.x86_64以降
3.10.0-957.4.1.el7.x86_64以降

カーネルのアップデート(またはダウングレード)が不可能である場合には、DataKeeperでは非同期モードを利用しないようにしてください。
なお、カーネルのアップデートに関する一般的な留意点等が以下にあります。アップデートを検討する際に合わせて参照してください。

[Linux] カーネルアップデートする際の注意点


改訂履歴
[公開日:2019年10月08日]

return top