LifeKeeper for Windows / Single Server Protection for Windows v8.7.0 リリースのご案内

LifeKeeper for Windows / Protection Suite for Windows / Single Server Protection for Windows/DataKeeperfor Windowsの最新バージョンである、v8.7.0 がリリースされました。

製品受注・出荷開始日は 2019年11月22日です。
各製品の詳細情報は下記の通りです。
 

■新機能

[機能拡張]

・64ビット版Oracle Javaのサポート
 本バージョンより、Oracle社が提供する最新のJavaセキュリティ更新を利用した64ビット版のOracle Javaをサポートします。
 また、32ビット版についても引き続きサポートします。

・OpenJDKの同梱提供
 LifeKeeperでは以前、ユーザーインターフェイス用にOracle社が無償で提供するOracle JRE(Java)を同梱提供して参りましたが、最近Oracle社はJREを有償化しました。
 これに伴い、LifeKeeper for Windowsでは、Oracle JREの代わりに無償提供されている、OpenJDK(AdoptOpenJDK 12.0.1.12)を同梱提供することとなりました。
 

■追加されたサポートOS、ソフトウェア

v8.7.0において新規にサポートされたOS、ソフトウェアは以下の通りです。
 

[サポート対象OSの追加]

・Windows Server 2019環境でのセキュアブートのサポートが追加されました。
 

[サポート対象ソフトウェアの追加]

・Oracle19c 
 

■新サービス・オプション製品

v8.7.0において新規に追加されたれた製品・新サービスは以下の通りです。

・Single Server Protection for Windows
・HULFT RecoveryKit (W) サポート
・HULFT HUB RecoveryKit (W) サポート

Single Server Protection for Windowsの詳細については下記をご参照ください。
Single Server Protection for Windows販売開始のご案内

HULFT Recovery Kit for WindowsおよびHULFT HUB Recovery Kit for Windowsが提供開始されます。それに伴い、有償でのサポートサービスの販売を開始いたします。
価格は弊社担当営業までお問い合わせ下さい。

修正されたBug情報と修正内容に関しては、受注開始日・出荷開始日の2019年11月22日に当サイトに掲載されるTechnical Update Informationおよび、ドキュメントサイトに掲載されるリリースノートをご参照ください。
 


改訂履歴

[公開日:2019年11月22日]

return top