LifeKeeper for Linux v9.4.1 / Single Server Protection for Linux v9.4.1リリースのご案内

LifeKeeper for Linux / SIOS Protection Suite for Linux / Single Server Protection for Linuxの最新バージョンである、v9.4.1がリリースされました。

製品受注・出荷開始日は 2020年1月14日です。
各製品の詳細情報は下記の通りです。
 

■新機能

[機能追加]

  • VMDK ARKの実装

LifeKeeperからPowerShellとPowerCLIを用いてVMwareハイパーバイザを直接制御することにより、VMwareで作成された仮想ハードディスクをLifeKeeperの共有ストレージとして安全に使用できるようになる機能を持つVMDK ARKを実装しました。

VMwareハイパーバイザを制御するために必要なソフトウェアは全てVMDK ARKに同梱されており、またLifeKeeper側で設定を行うため、お客様でソフトウェアのインストールと設定を行う必要はございません。詳しくは、オンラインドキュメンテーションをご参照ください。

※本機能は、Single Server Protection(以降SSP)ではサポートされません。SSPは単体ノードでHAを実現するソフトウェアであり、共有ストレージを利用することはないためです。
 

■追加されたサポートOS、ソフトウェア

v9.4.1において新規にサポートされたOS、ソフトウェアは以下の通りです。
 

[サポート対象OSの追加]

  • SUSE Linux Enterprise Server 15 SP1
  • Oracle Linux 7.7
  • CentOS 7.7

以下のOSにつきましてはv9.4.0で追加サポートされています。

  • Red Hat Enterprise Linux 7.7

 

[サポート対象ソフトウェアの追加]

  • PowerGres V11
  • PowerGres Plus V10

以下のソフトウェアにつきましてはv9.4.0で追加サポートされています。

  • FUJITSU Software Enterprise Postgres 11

 

[サポート対象環境の追加]

  • AWS Nitro System
  • AWS Transit Gateway

 

[その他特記事項]

OpenJDKの同梱提供

LifeKeeperでは以前、ユーザインターフェース用にOracle社が無償提供している Oracle JRE (Java)を同梱提供してまいりましたが、Oracle社のサポートポリシー変更に伴い、LifeKeeper for Linuxでは、Oracle JREに代わり無償提供されている OpenJDK(AdoptOpenJDK 12.0.2)を同梱提供することと致しました。
 

SAP HANA Recovery Kit 1.0/2.0 の統合

SAP HANA 1.0 Recovery KitとSAP HANA 2.0 Recovery Kitはひとつに統合され「SAP HANA Recovery Kit」となりました。
 
※修正されたBug情報と修正内容に関しては、当サイトに掲載されるTechnical Update Informationおよび、受注開始日・出荷開始日にドキュメントサイトに掲載されるリリースノートをご参照ください。


改訂履歴

[公開日:2020年1月14日]

return top