[Windows]DNS ARKの機能概要をおしえてください

DNS Recovery KitはDNS上のノードのIPアドレスとサーバー名や別名との
対応を更新するARKです。DNSサービスそのものを保護するものではありません。

「LifeKeeper for Windows プランニングおよびインストールの手引き」
の17ページに記載がございますが、WAN越え環境などで各ノードが別のサ
ブネットに属している状況では、IPリソースを使用する事ができません。

DNSリソースを使用すると、DNS上での名前解決時にサーバー名や別名に
対して、DNSリソースが起動中のノードのIPアドレスを返しクライアント
との接続性を維持します。

以下は使用例です。

SRV1: 192.168.0.1 (東京IDCに設置)
SRV2: 10.0.0.1 (大阪IDCに設置)
クライアント: 全国

上記のような環境で、通常時は各クライアントは東京IDCに接続していま
す。しかし障害時には大阪IDCに接続させたいようなケースに、DNS ARK
を使用します。

動きの例:
DNS ARKは「DNSのエントリを更新させる」という点がポイントとなります。

通常運用時:
SRV1: 192.168.0.1 (東京IDCに設置)
SRV2: 10.0.0.1 (大阪IDCに設置)
SRV-Alias: 192.168.0.1

障害発生時:
SRV1: 192.168.0.1 (東京IDCに設置)
SRV2: 10.0.0.1 (大阪IDCに設置)
SRV-Alias: 10.0.0.1

クライアントは、SRV-Aliasに対して接続を行います。普段は、SRV-
Alias = 192.168.0.1 なので、東京IDCに行きますが、障害時にはSRV-
Alias = 10.0.0.1に変更されるので、大阪IDCへ接続します。

※効果的に動かすため、DNSキャッシュ時間(TTL)にご注意ください。

return top