[Linux]DataReplicationリソースの起動、停止の順序を教えてください。

DataReplication環境でのLifeKeeperの起動と停止は、以下の順序で行ってください。
OSの起動、停止の手順も同様です。

[ノード停止] 1. Activeサーバの停止
2. Standbyサーバの停止

※LifeKeeperの仕様としてはどちらのノードからでも停止は可能であり、待機系を先に停止するオペレーション自体は問題となるものではありません。
稼動系を先に停止するメリットは、稼動系を先に停止することで、
稼動系と待機系のデータを同一の状態に保つことが出来るという点にあります。

[ノード起動] 1. Standbyサーバの起動
2. Activeサーバの起動

DataRepllicationリソースを起動する際には、Standbyサーバを先に起動させなければなりません。
ミラーリングのデータは「ActiveサーバからStandbyサーバへ」流れます。
そのため、ミラー先となるStandbyサーバはActiveサーバよりも先に起動させておく必要があります。
また、上記の手順を踏まずにActive側のノードから起動した場合は、データ保護を目的としたフラグファイルが作成します。
このフラグファイルはDataReplicationリソースの起動を抑止するものです。

/opt/LifeKeeper/subsys/scsi/resources/netraid/[DataReplicationのリソースタグ名]_data_corrupt

起動させる順序を間違えた場合は、上記のフラグファイルが作成され、通常の手順では起動することが出来ません。
このフラグファイルを両ノードで削除いただくか、GUI管理画面のDataReplicationのリソースメニューから
「Foce Mirror Online」を実施いただく必要があります。

これにより、LifeKeeper GUI管理画面上でActive側のリソースをアクティブにすることができます。
アクティブ後はActive側からStandby側に全同期処理が開始されます。

LifeKeeper for Linux v7.0以降のDataReplicationでは稼動系、待機系の順序で起動した場合、
稼動系だけが起動している状態の場合は、DataReplicationリソースの起動に失敗しますが、
待機系が起動しコミュニケーションパスの通信が確立したタイミングでレプリケーションリソースの起動が再開します。


改訂履歴
公開日:2011年9月22日
編集日:2014年12月16日

return top